お知らせ

やなぎ医院からのお知らせページです。

その他  

在宅療養を経験されたご家族の声 N様(自宅でご主人を看取られた奥様)

夫が旅立って早いもので6年が経ち、7回忌を迎えます。
余命1年の告知を受けた後、最後の2ヶ月を大事にしたいと思い、在宅療養を決意しました。息子と愛犬の3人、そして、栁先生と訪問看護・介護の方々のサポートで、緊張した中にも、明るく楽しい2ヶ月が過ごせました。
週に1度の先生の診察、その指示で看護師の方々の毎日訪問と、徐々に生活のリズムが整いました。終日介護している不安だらけの家族にとって、ホッとできるとても有難い時間でした。

我が家で、夫と過ごせる家族だけのゆったりとした最後の時間が流れていました。私が家事をしている間は、愛犬がベットの中で夫と過ごしていました。夫は、夫を見つめる愛犬の瞳にどれほど癒された事でしょう。
24時間対応の安心感が心の支えでもありました。熱がでれば電話にて指示を受け、駆けつけてくださる、また、医療機器のレンタルができ、病室そのものの仕様でした。

「有難う」の大きな丸い輪を私たちに見せ、静かに旅立ちました。
皆さんのおかげで、日常の生活を楽しみながらの最期でした。そしてそれは、残された家族の再出発の何よりの原動力になりました。

在宅療養を選択して、本当によかった!感謝です。