新型コロナ
ウイルス検査

お知らせ

やなぎ医院からのお知らせページです。

お知らせ  

当院での新型コロナウイルス診療状況 2022/2/16

当院では、2021年12月にアボット社のID NOWという検査機器を導入しました。これは核酸増幅検査法の一つであるNEAR法(Nicking Enzyme Amplification Reaction)による新型コロナウイルス(COVID-19)検査装置です。現在の標準的な核酸増幅検査法であるPCR法(Polymerase Chain Reaction)とほぼ同等の精度(陽性一致率95%、陰性一致率98%)で、厚生労働省およびアメリカFDAの承認が得られている検査装置です。しかも短時間(13分以内)で結果を出すことができるという大きなメリットがあります。

これまで当院では、発熱外来において外注によるPCR検査と院内での抗原検査を行ってきました。PCR検査は、精度は高いのですが検査結果が翌日(場合によっては数日後)にしか分からないという欠点があります。また抗原検査は、結果は短時間で分かりますが、精度が低く、無症状の患者さんには使用できないデメリットがあります。今回導入したID NOWによる検査は、これらの欠点を一挙に解決した方法だと思っています。当院では本法を中心とした検査を行っており、この一カ月余りで、当院での陽性者数は52名に上っています(当院での陽性率:約30%)。

ただ2/16現在、検査数が異常に多くなっており、同機器の検査試薬が不足気味です。そのため今後試薬不足により本検査が出来なくなる可能性もあります。その場合は、従来行っていた外注によるPCR法検査と院内の抗原検査で対応致します。

※上記でもお伝えしたとおり、検査数が非常に多くなっていることから、発熱外来での受診をご希望の方は一度事前に当院へ電話連絡の上お越しいただくようお願い致します。